2014年 11月29日(土)に中野の「あッ!3Dプリンタ屋だ!!」さん主催で無料ジュエリーCAD勉強会が開催されます。

今回はデジタルジュエリー®秘密基地 佐藤善久が先生を務めます。

 

第11回 無料CAD勉強会 -特別ジュエリーCAD JCAD勉強会-

 

 

 

【日時】
2014年 11月29日(土)
第1部 13:00〜15:00
第2部 15:30〜17:30
【参加費】
もちろん講習費は”無料”です

 

お申込みは FaceBookのイベント  もしくは 下記フォームでお申込みください。

(スペースの関係上 ご参加いただける人数に限りがありますのでお早めに! 立ち見は自由です。  )

 

3D-CADは慣れているけど ジュエリーのデザインは初めてなので このデータでいいのだろうか?

もちろん大丈夫です。

お送りいただいたデータを見て

「ここはもう少し厚みをつけてください。」

逆に 「ちょっと厚みがありすぎて 重たい指輪になってしまいます。」

などのアドバイスをし デザインを修正していただきながら あなたのデザインのジュエリーを完成させていきます。

たぶん最終決定デザインまで 数回はデータのやり取りが発生すると思います。

製作事例に掲載のジュエリーも ほぼ アドバイスをし修正していただき 完成品にしています。

https://make.digitaljewelry.jp/?cat=4

 

 

 

ご自分が3D-CADでデザインしたジュエリーが 実物になるのは感動的ですよ。

まずは お見積もりご依頼から 始めましょう!
ちなみに ジュエリークラフトを勉強したことの無い 宝石卸の営業マンだった佐藤善久が 初めて3D-CADでデザインし シルバーサンプルを作ったジュエリーは ごく普通のなにもデザインのない甲丸タイプ(通称かまぼこ型)の指輪でしたが、 「自分の作った3Dデータが指輪になった!」という感動は 今でも忘れません。

 

もう18年前のお話です。
https://make.digitaljewelry.jp/?page_id=29

お客様からの3Dデータを3D-CADで開いたところ ↓

akm97-1Z

 

 

3DプリントによるWAX制作。

写真 2014-09-08 18 14 32

 

 

キャスト(鋳造)後 地金(プラチナ)の空枠に仕上がった状態。

 

この後に石留作業です。

写真 2014-09-18 18 08 05

 

 

石留後まだ最終仕上げの前です。 ↓

 

写真 2014-09-22 10 59 42

 

 

最終仕上げ&検品後 完成になります。

 

3写真 2014-09-25 13 16 47

 

全周にダイヤや模様が入るフルエタニティータイプはサイズ直しが不可能なので ご希望のリングサイズに仕上げるのに最適なアドバイスをさえていただきます。